③FX初心者が知っておくべき通貨の特徴

アメリカの通貨 【アメリカドルの特徴】 

アメリカドルの特徴については、

 

補足として、金融市場、特に為替相場は米国が中心で
その国の通貨でもある『米ドル』が中心で 、世界の基軸通貨として扱われています。

 

基軸通貨について簡単に説明すると
例えば、からユーロへと両替する場合に
ユーロを直接交換するのでは無く
を1度アメリカドルに交換し
その後アメリカドルユーロへと交換することで
からユーロへの両替を可能にしているのです。

 

安定した通貨価値を持っているアメリカドルは
経済の不安定な状況や災害などが起きた場合には
日本円以外の世界中の通貨が売られてアメリカドルが買われるという傾向にあります。

 

日本の経済はご存知の通り
バブルが崩壊してからというものデフレから未だに脱出できておらず
貨幣の価値が急落するということは考えられないと思われており
世界の経済の悪いニュースが流れるたびにドル売り円買いに流れやすくなっています。

 

 

【欧州の通貨 ユーロの特徴】

欧州のユーロの特徴は
対米ドルとの取引が世界で一番多く、ユーロという通貨は
ユーロ加盟国の共同通貨であり取引されている量は多く
加盟国それぞれの経済状況やニュースで通貨の価値が大きく上下する傾向にあります。

 

特にドイツの経済指標は参考になります。

 

 

たとえばドイツの小売売上高はユーロの景気を把握するための良い指標になります。
このほかにはユーロ圏の中央銀行であるECBの発表する政策金利金融政策
ECB議長の発言も注意すべきです。

 

これらの要素もユーロの信頼性や売買に大きな影響を与え為替が大きく動くこともあります。

 

ユーロはポンドと並び荒っぽい動きをする通貨としても有名で
特に短期トレードで利益を狙うトレーダーに人気のある通貨でもあります。

 

初心者が扱うには少し難しい通貨となりますが
大きなトレンドが発生すると一方的な動きを見せる事でも知られているので
順張り狙いの取引で利益を上げているトレーダーも多くいます。

 

 

【イギリスの通貨 ポンドの特徴】

イギリスの通貨であるポンドの特徴は短期間に上下に揺さぶる激しい動きにあり
投機目的での売買がされやすいことから、上級者向きと一般的に言われています。
 
また値動きが荒い事から、レンジの幅も比較的大きくなる傾向があり
他通貨で値動きの無い相場が続いた時にもまとまった利益を狙う事ができます。
 
そして昔の基軸通貨であったことから
世界規模の証券会社や金融機関も多く存在しているためテロの標的になりやすく
テロが起これば自国通貨のポンドが標的にされやすいというリスクもあります。
 
ただしプロに好まれる通貨なだけあり
上手く取引をしないと短期間で大きな損を出す可能性もあるので
初めて取引をされる方や初心者の方はあまりおすすめのできない通貨です。

 

【オーストラリアの通貨 オーストラリアドルの特徴】

オーストラリアドルの特徴は
スワップポイントが他の通貨と比較して
高いというのが圧倒的魅力の通貨となります。

スワップポイントが高いので基本的には
オーストラリアドルの買いが多く集まり

少しでも景気の状態が回復の兆しを見せると
一気に買い込まれる傾向があります。

またオーストラリアの経済は密接に中国との
関わりを持っているため
中国の経済状態の影響を
常に受けた動きをする傾向にあります。

更に世界屈指の資源国であり、
石炭・鉄鉱石・原油・金・アルミニウムなど
様々な資源を産出します。

そのため経済的に安定していたとしても、
鉱物資源の採掘量や資源の相場価値の変動によっては

価格が大きく変動する恐れがあります。

アメリカの株価指数であるダウと連動した
値動きを見せる事も散見され
世界的な景気悪化が
予想されると真っ先に売られる通貨でもあります。

値動きはユーロやポンドほど激しくはないですが
ドル円やニュージーランドと比べると大きな
動きを見せる傾向あります。

特にスワップポイント狙いで長期投資運用を
しているトレーダーも多く
近年非常に初心者
からも人気の高い通貨となっています。

そしてもうひとつ特徴として相場が
活発な時間帯は日本時間でいうと早朝であるということです。

週末に世界規模でのニュースや会議などがあった場合には
月曜日のオセアニア市場がどう動いてくるのかが注目されます。

 

 

初心者が知っておくべき10のこと

【その4】FX初心者が注意すべきマーケットの高速化の恐怖を読みたい方はこちらをクリック!