⑤FX初心者がスワップで金利生活を送るには

 

スワップとはFXで資産を投資運用されている方ならば絶対に知っておくべき用語だと思ってください。
まず今回の記事を読むに当たり、
スワップの意味を「スワップ金利」と混同しないように注意してください。
ここで言うスワップとは「スワップ金利」と言う意味では無く
「スワップポイント」を略した事による「スワップ」になります。

 

 

【スワップによる長期運用とレバレッジについて】

スワップポイントを狙った運用をされる方は
短期で売買を繰り返して利益を得るのではなく
中期から長期の間取引を行った通貨をそのまま持ち続ける

(ポジションをホールドする)取引スタイルになります。

持ち続けるというスタイルですので
時間のないサラリーマンや大きな資産を持つ人が多い傾向にあります。

 

最近ドキュメンタリーやニュースで聞いたことのある
「ミセスワタナベ」(ロングポジション[この場合は円を売り
他の通貨を買う取引]を主体として長期で運用する日本人投資家の総称)
と呼ばれる方々もこれと同じような資産運用方法を取り入れています。

 

つまり、非常に日本人向きの投資方法と言う事です。

 

このスワップを狙った資産運用の最大の特徴は
「非常に単純明快で気分は外貨預金と同じ」と言う事にあります。

 

それは最初に1回だけ取引を行い
あとは何もせずひたすら待つだけということです。
待っているだけで毎日決まった時間に取引通貨高に応じた
スワップポイントを口座に付与してくれてそのスワップポイントの
付与についてもFX業者が勝手に行ってくれるので何もすることがありません。

 

もちろんFXの利点である「レバレッジ」を使う取引をする事で
小額の運用でもスワップポイント狙った運用をする事ができる事も魅力的です。
日本人投資家がなぜ飛びついて行っている資産運用方法なのか分かると思います。

 

更にこのスワップポイントによる長期運用は更に凄い利点があります。
それは、「スワップポイントの利益については源泉徴収されない」と言う事にあります。
実は外貨預金とスワップ運用との最大の違いはここにあります。
外貨預金をしている場合にも毎月利子が付きますが、この利子は預金者が知らないところで
本来の利子から税金が差し引かれた後に付きます。

 

 

 

 

【高金利通貨を利用しスワップのうまみを最大限に生かす】

スワップ自体どれぐらいのバックがあるのか?
このスワップポイントについて1日にいくら付与されるかについては
自身の資金量レバレッジ取引量によって決まります。

 

またスワップポイントはFX業者によっても違いますし
毎日変動するものですので、一概には言えませんが
高金利通貨と呼ばれている
「オーストラリアドル」
「ニュージーランドドル」
「カナダドル」
「南アフリカランドドル」
等で
取引を行っておけば、1日に金利差が大きい通貨ならば、
1万通貨につき150円くらい付与される場合もあります。

 

例えば日本円を売ってオーストラリアドル買う取引を行います。
その取引高は1万通貨だったとすると
スワップポイントにて1日に100円付与されると言う事です。
もちろん1万通貨でなくて、10万通貨だった場合は
その10倍の1000円が寝ている間に付与される事になります。
※もちろんスワップポイントは業者によって違いますし、日々変動するので注意が必要です。

 

1万通貨はレバレッジ1倍で取引を行った場合には、
オーストラリアドルが1ドル80円の場合には約80万円の証拠金が必要になりますが
レバレッジ2倍で約40万円、レバレッジ4倍ならば約20万円と
レバレッジをかけた取引を行う事で証拠金を小さくする事ができます。

 

あくまで単純計算によるスワップポイントだけの計算になりますが
1年の間オーストラリアドル80円で10万通貨にて取引を行い
為替レートが1年後に取引を決済する際に80円だったとすると
スワップポイントによる1年間の利益は
100円(スワップポイント)× 10(10万通貨の取引) × 360(取引日数)
となり、年間で36万円の利益が出る事になります。

 

しかしスワップポイントを狙った取引は旨みだけでは有りません。
金融の投資ですのでもちろんリスクも発生します。

 

そのリスクについて理解をし安全にスワップで利益を重ねたいところです。
貯金箱, 保存, お金, 若い女性, ファイナンス, 通貨, コイン, 投資

 

 

【絶対に注意しておきたいスワップの罠】

スワップポイントが変動しているように

為替つまりは通貨の価値についても昼夜問わず常に変動をしています。

そのため先の例のように80円で取引を行った場合に

1年後にオーストラリアドルが60円に下落してしまっていたら、どうなるでしょうか?

 
その場合には、「為替差損」と言うものが発生します。

上の例の場合、80円で買っていたオーストラリアドルが60円になった訳ですから

持っているオーストラリアドルの価値が低くなってしまい

 

80円(買ったときの価値)- 60(円に戻す時の価値) = 20円

20円の為替差損が発生しています。

 

10万通貨だったので、為替差損は

10万円(10万通貨に対する1円の為替差損)× 20(今回の為替差損)

となり合計で200万円もの為替差損を出してしまった事になります。

 

これはスワップポイントで36万円手に入れたとしても164万円の赤字を出してしまう事になります。

持ち続けることで得られる利益が魅力のスワップにおいても
持ち続けるリスクというものが、ついて回ることを理解しましょう。

 

 

 

初心者が知っておくべき10のこと

【その6】FX初心者のスワップ運用のリスク軽減法を読みたい方はこちらをクリック!