⑦資金管理が初心者にとって最も重要である理由

口座開設を行い

資金を口座に入れ

基本的なトレードできるスキルも会得し

さあトレードしよう!

と前のめりになっていませんか?

 

FXを長く続けていく上で絶対に忘れてはいけないことがあります。

それはズバリ『資金管理』です。マネーマネジメントとも言います。

 

FXを勝ち続ける重要な3つのMと呼ばれ

  • 手法(Method)
  • メンタル(Mental)
  • 資金管理(Money Management)

このうち一つでも欠けてしまっては勝ち続けることはできません。

 

この中でも資金管理の重要性が初心者では

見えにくい部分がありますので

資金管理ができることでFXの取引に

優位に進めていけることについて紹介していきます。

 

 

 

 

【資金管理の重要性と計画的資金運用 】

資金管理と聞くと、そんなことよりトレードで勝てば問題ないのでは?
と思われている方も多いかもしれません。

 

FXはあくまでも統計と確立のゲームであり勝ったり負けたりを
くり返し最終的に利益を残したものが勝ち残れる世界です。
その中で資金管理はとても重要な位置づけで資金管理とは

 

主にビジョンを持った投資をする事を指します。
例えば
「1年後にお金を貯めてディズニーランドに行こう」
と言う計画を立てます。
その計画に向かって日々の生活を見直したり
節電や節水などに気をつけたりして
なんとか1年後の旅行に向けて資金を捻出する努力をします。
これが完全に資金管理と一致します。

 

もしも旅行に向けての貯金をしなかったり
日々の生活での節約もしなかったりしていては
1年後になってみてもディズニーランドへ行くための
資金は1円も貯める事ができていないですからね。

では、投資で資金管理をするとは
どう言う事をする事を言うのでしょうか?
上の例で言うのであれば
「1年後に家を買いたいから3000万円をFXで稼ぐ」
と言う事でしょうか?

実はそれとは違います。
資金管理とは目標では無くて
目標に向けた管理をする事を指します。

つまり上の例で言うのであれば
「日々の生活の見直しや節電や節水」がそれに当たり
FXで言うところの「1つ1つの取引のリスクとリワード」
を考える事となります。

話が複雑になりそうなので単刀直入に言うと
取引を行う前に

  • その取引はいくらの損まで耐えるのか?
  • 何時決済取引を行うのか?
  • テイクプロフィット(利益確定)は何時行うのか?
  • レバレッジはいくらかかっているのか?
  • その取引が完了した後にはいくらの利益が見込めるのか?
など全てを計画して取引を行う事が
FX取引で言うところの資金管理になります。

 

実際ここまでプロのトレーダーはここまでやっており
個人トレーダーもここまでやらなければ
勝ち続けていくことは非常に難しいのです。

 

【資金管理をするための具体的な行動 】


それでは具体的な資金管理について
別の切り口で管理をする方法を紹介していきたいと思います。
 
成行注文にしても指値注文にしても
まずは自分が取引を行う水準を設定します。

次に設定した取引を行う水準から
どれくらいの利益が望めるかについて想像をします。

この想像すべき利益は、基本的にはどのくらいの
時間の取引を行うかによって比例させる必要があります。

もしも1日2日取引してから待って利益の確定を行う
取引を想定しているのに、利益確定のラインが10pips(10銭)程度の
利益を想定しているのであれば、リスクに対してのリワードが釣り合いません。

先ずは受け入れられるリスクまでの
損切りのラインをしっかりと決め
その損切りに対してリワードという見返りが
しっかりと確保できるのか?
そのトレードは損切りを受け入れるまでの
価値のあるトレードなのかということを見極めます。
 
損切りのラインは利食いのラインとの
関連性が必要です。
もしも、狙っている利益が10pips
損切りのラインが100pips
余りにもかけ離れているような設定を
してしまっていれば、利益の追求が
甘いか損切りラインが広すぎる可能性があります。

 

例えばこの場合だと
10勝1敗の取引で利益と損が無い
トントンの取引となります。

 

リスクに対してのリワードの割合が
これではFXで自分の資金をさらけだしてまで
トレードをする意味がなくなってしまいます。
 
それぞれがどういうトレードをしていきたいか
にもよりますが、リスクリワードの割合が
1:1.5で勝率が50~60%あれば十分に利益は残っていくのです。
 
ここまでできれば
少なくとも大きな負けというものは
防ぐことができていると思います。FXは大敗さえしなければ
何処かで必ず自分の取引スタイルに
適した相場がやってきます。その相場がくれば後は流れに乗るだけになります。