トレードのやり方

FXは「買う・売る・待つ」だけ


リアル口座を開設できれば、いよいよ実際の取引を行うことになります。

初めは分からないことがたくさんありますが、

やるべきことは「買う・売る・待つ」の3つだけです。

 

  • 今買うべき場面なのか?
  • 売るべき場面なのか?
  • 待つべき場面なのか?

ただそれを知るために様々な分析手法や経済的な情報が存在しているだけです。

やるべきことはこの3つだけということを本当の意味で「理解」することができれば

取引自体もすごくシンプルに捉えられます。

 

 

 

「安くで買って高くで売る」、高く売って安く買い戻す


FXは主に為替差益(キャピタルゲイン)をねらって行う取引です。


FX取引で利益が上がるのは上の図のように、

上昇すると予測して「安く買って高くで売る」

下落すると予測して「高く売って安く買い戻す」の2つです。

 

買ってもいないのに売りから入ることに違和感を感じますよね。

これがFXです。これは「なんで?」と考えるより「そういうものだ」と理解したほうが早いです。

 

取引する際に最も大切なのは、

今相場は上がろうとしているのか?

下がろうとしているのかを理解することです。

 

  • 上がろうとしていれば買い注文を入れ、
  • 下がろうとしていれば売り注文を入れる、
  • 判断できなければできるようになるまで待つだけです。

 

この現在の相場の方向を把握するために、様々なチャート分析があるわけです。

逆に言えば、この相場の方向さえ間違うことがなければ、大きな損失が出ることはありません。

 

このブログではその分析方法なども掲載しているのですべてご覧になってください。

 

 

 

注文を入れる前に必ず損切り場所を理解する


 


注文を入れる前に、絶対に考えておかなければいけないのが損切位置の決定です。

 

上昇局面だと判断しても、こちらの意に反して急反転下落することがあります。

逆に下降局面だと判断しても、こちらの意に反して急上昇することもあります。

 

このとき損切注文をしていないと、注文とは反対方向に相場を震えながら見ることになります。

FXで大損してしまったり、一瞬で資金を飛ばしてしまう人は、この損切注文を入れていません。

 

各FX会社の取引ツールで、注文と同時にこの損切注文ができるようになっているので、忘れずに必ず設定してから取引してください。

損切注文を入れることで、その取引のリスクが明確になります。

損切注文を入れる・逆行してきたときにその損切を逃げずに受け入れる、

 

それができるだけで勝てるトレーダーになることが可能です。

適正な損切ラインの設定方法等については以下の動画で紹介していますので是非参考にしてください。

エントリ―補助ツール【Fib Manager】

エントリ―補助ツール【Fib Manager】に関するお問い合わせは

fxsidou@gmail.com

までご連絡ください。

 

 

 

まとめ


これからFXを始めてみようというあなたに、

実際のトレードまでに理解しておいてほしい基本的なことをまとめてきました。

初めは分からないことだらけで、難しそうなイメージや不安があるかもしれません。

 

ただ、細かい知識や専門用語・考え方・取引手法はあっても、

実際にすることは非常にシンプルであることが少しは理解して頂けたのではないでしょうか。

 

まずは小額の資金で、口座を開設することから始めてみて下さい。

一歩小さな行動を起こすことで、次の景色が必ず広がってきます。


 

更により深くFXのことが知りたくなったと思った方はこちらをご覧ください。

 

目次ページに戻る