午前中のトレードと昨日の答え

はいこんにちは院長です。
ブログ村に登録しています。

 

Ctrl+クリックで画面が切り替わらずに応援できます ^^)
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
まずは今朝10時からコンサル生とSkypeしていたんですが、

 

院長とコンサル生が入ったところをアップしておきますね。

 

まずはコンサルスタート時にコンサル生がポンド円1分足でエントリ―

利食った途端に下降していってまさかの神利食い

pond

 

ちなみにその時の1時間足は、結果としては下げてきましたが、切り替わり直後だったので次の伸びきりで。

ポンド円1時間足

 

itizikanpond

 

 

 

院長はコンサル中に、ニュージー円1分足でMA回帰

nyu-zi-en

上昇はMA反発、一旦押しを作るところはMAレジで、それを抜けてきたところでエントリ―

 

この時の上位足(1時間足)は

spaoidfpowef

少し押しが深かったですが、そこはMA回帰なのでオッケーでしょう。

 

いづれにせよ、回帰ロジックはトレンドが出てるときは入れるポイントが多いですね。

 

というより入らなければいけないポイントばっかりですね。

 

 

レンジ相場の時は「待て」状態を強いられますが、そういうところで

 

意味もわからずエントリーしまくって大切な資金を無駄にするより、

 

しっかり待って、打てる場面が来たら全力でエントリ―した方がいいですよね。

 

 

 

それでは昨日の復習です。

 

一番大事な要因はどれですか?

  1. 勝率

  2. リスクリワード

  3. トレードコスト(スプレッド・手数料)

  4. トレード回数

  5. ポジションサイジング

  6. 資産の大きさ

この中から選んでください。

そしてそれを選んだ理由も考えてください。

 

ということでしたが、答えは出ましたか?

 

もう皆さんはわかっているとは思いますが、

 

1、勝率

 

は絶対選んではいけませんよ!!!

 

これさえ選んでいなければある意味みんな正解です。

 

成功する為に必要な要素は6つすべてです。

 

これが本当の答えですね。

 

このブログを見ている人はこの答にたどり着きましたよね?

 

 

もう少し掘り下げると

  1. 勝率

  2. リスクリワード

  3. トレードコスト(スプレッド・手数料)

  4. トレード回数

はいわゆる期待値のことです。

 

で、

 

5、ポジションサイジング

 

6、資産の大きさ

この2つは「どれくらい」要因ですね。

 

手法と連動させていかなければいけないのは

上の4つになります。

 

有名な話で雪合戦の話がありますが、

それは次の勉強会で聞きたい人は聞きに来てください(^^)

 

 

これら6つの要素が貴方のトレードスタイルに

どういう風に関わってくるかちゃんと考えたことありますか?

 

院長の秩序回帰はこの6つのすべての要素が練りこまれたロジックです。

 

だから、誰がやっても勝てる手法なんですよね。

 

勉強会お楽しみに~。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。