環境認識という言葉の勘違い

ブログ村に登録しています。

 

Ctrl+クリックで画面が切り替わらずに応援できます ^^)
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 

~まずはお知らせから~

第2回関西FX勉強会&モチベ会
2017年1月28日(土)開催予定。

勉強会会場:大阪駅周辺
勉強会時間:14時から17時30分

モチベ会会場:大阪駅周辺
モチベ会時間:18時から

 

院長特別枠として、5名様をこのブログから募集します。

関西近郊にお住まいのトレーダーさんで、

トレード仲間探している方

院長のトレード手法に興味のある方

リアル院長にあってみたい方

ご参加ください。

関西の土地柄、メンバーは和気あいあいとしており、初めて来られる方でも

ウェルカムな勉強になってますんで、一歩踏み出してみませんか?

※勉強会だけの参加も可です。

参加希望の方は

fxsidou@gmail.com

まで、「参加希望」のメール頂ければ、詳細な場所と時間をメールします。

お待ちしています(^^)

 

 

 

~本題~

 

一昨日もたくさんのコメントありがとうございました。

返信しているのでごらくださいね。

 

昨日は家族でちょっとお出かけでした。

年末はやはり自分ひとりでは行動できないものですね。|д゚)

 

 

 

今日は秩序の話をいったん置いといて、

 

環境認識という言葉について考えてみましょう。

 

「環境認識」

おそらく皆さんこの言葉のことはよく知っていると思いますが、

初めて聞いた人の為にちょっと解説

 

環境認識とは、ざっくりいうと上位足の環境です。

 

例えば

トレンドフォローのロジックを使うときは上位足はトレンドが出ていること。

レンジでの逆張りロジックを使うときは上位足ではサポートやレジスタンスライン付近

など、自分の持っているトレードロジックをより優位に活用するためのバックボーン

ってところでしょうか。

 

この環境認識をフルに活用することができればトレードの質が向上します。

すなわち、勝率を上げるための大事な知識と言えますね。

 

でも、これを正しく活用できている人ってどれくらいいるんでしょうね?

 

院長的には、上位足(1時間足)の環境がトレンド出来てたとしても

 

エントリー足を何分でトレードしたらいいの?って思います。

 

院長の場合は1時間足に対しては1分足でロジックを活用します。

 

これはローソク足の本数と院長の秩序回帰ロジックの本数が

 

関係しています。

 

前回の勉強会でもお話ししましたよね。

 

でも、この時間足の関係性がわかったとしても

 

1時間足がトレンド出てても1分足ではどういう状況かなんてわからないですよね。

 

1時間足トレンドでた状態の押し目のところだと1分足はおそらく下降トレンドになってるでしょう。

 

1時間足でトレンドでた状態でも1分足だとレンジの時だって存在します。

 

さて、皆さんに質問です。

 

あなたは環境認識をどのようにお考えですか?

 

明確な答え持ってますか?

 

 

 

 

皆さんのコメントお待ちしています。

 

———————————————————————

~お知らせ~

2017年度コンサル生募集

2017年1月より新たにコンサル生を募集します。

募集スタートは1月からですが、

先行でご希望される方は

fxsidou@gmail.com

までご連絡ください。

———————————————————————

 

 

 

あわせて読みたい

14件のフィードバック

  1. 面家博文 より:

    院長様
    いつもお世話になっております。
    環境認識とは?
    エントリータイミングを計る執行時間軸よりも上位の時間軸でトレンドが出ているのか?それともレンジなのか?を判断する事だと思っています。

  2. 西 より:

    院長さま
    いつもありがとうございます!
    わたしは、上位足でトレンドが出ていたら
    小さい足でも同じ方向へトレンドが発生しそうなとき
    (ボリンジャーが開いてきた・・・など)
    を待ってからエントリーします

  3. YOKO より:

    そこがどうにも分からないところでした。

  4. yanagi より:

    院長様
    お世話になっております。。ブログの記事に対して、しっかりと向き合って考えることで、トレーダーとしてのレベルアップができるように、投稿する記事の順番を考えていらっしゃると推察します。ありがとうございます。

    私における環境認識は、上位足でのチャートで、どこの部分を取りに行くのか、すなわち狙うべき局面を探すことであり、戦略的な位置づけであると考えます。具体的には、意識されたポイントからなるトレンド状態にある通貨ペアを探し、主に下記の局面を待って執行足での秩序回帰の条件が揃うのを待って臨んでいます。

    ① 「1時間足トレンドでた状態の押し目のところだと1分足はおそらく下降トレンドになってるでしょう。」
    →押し目を経てからの、ダブルトップや逆三尊を認めてからの反転上昇する局面
    ② 「1時間足でトレンドでた状態でも1分足だとレンジの時だって存在します。」
    →執行足でトレンド方向へのしっかりとした抜けの局面
    ③ 直近高値をしっかりと抜いた局面
    以上よろしくお願いします。

  5. 藤木 より:

    お疲れ様です。
    環境認識は優位性を判断する上で重要だと考えます。
    どっちに向かっているのか、強さはどうなのか、またボリバンやEMAの位置関係はどうなのかを把握して、優位性が高ければ打ちにいく判断の材料です。
    もちろん1時間足からだと、1分足に落としてからですけど。
    今年は院長先生に出会い、進化を遂げることが出来て感謝しています。
    来年は更なる限界突破していきますので、宜しくお願い致します。

  6. ホゲホゲ より:

    「FX「相場」の考え方とは?」のコーナーで解説されていることと理解しています。

  7. ゆき より:

    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 

    1時間4時間の上位足で上昇のトレンドが出ていたなら、1分5分で下降が出ていても、押し目と考え、目線はロングとする。そのまま下降したなら、
    エントリーは見送る。このように考えますが、実際はよくわかりません。

  8. 院長 より:

    ゆきさんあけましておめでとうございます。
    おっしゃる通り、イメージとしては上位足でトレンドが出ていれば下位足では押し目とお捉えて目線はロングとしますよね。そのまま下降したらエントリーは見送る。これも正解です。
    あとはここにどのように自分なりのルールを設定していくか?ということになりますね。このルールさえきっちり設定していればトータルで負けることはないということをゆきさんがどれだけ腑に落とすことが出来ているかが、聖杯なんです。コンサルではこういうところを具体的にロジカルに解説していきます。

  9. 院長 より:

    ホゲホゲさん明けましておめでとうございます。
    具体的にどのように考えているかをコメントいただけると嬉しいです。

  10. 院長 より:

    藤木さん明けましておめでとうございます。
    確実に進化していますよ。
    後は今自分のできる事(ロジック・環境認識・資金管理)を一定にやり続けていけるかどうかが大事です。
    一年間を通して院長がサポートしていきますのでよろしくお願いします。

  11. 院長 より:

    yanagiさん明けましておめでとうございます。
    yanagiさんはご自身でしっかり管理できてますね。
    推察や考察は完璧なので後はこの通りのトレードを実行していくことが出来るかどうか?
    ということになります。

  12. 院長 より:

    YOKOさん明けましておめでとうございます。
    このわからないところをいかにわかるようになるかで常勝トレーダーへの距離をぐっと縮めることになりますので、是非頑張ってください。

  13. 院長 より:

    西さん明けましておめでとうございます。
    まだ少し答えに迷いがありますかね。

  14. 院長 より:

    面家さん明けましておめでとうございます。
    答えとしては半分正解で半分間違えというところでしょうか。
    コンサルでしっかりやっていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。