秩序とは。トレンドロング編

ブログ村に登録しています。

 

Ctrl+クリックで画面が切り替わらずに応援できます ^^)
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 

~まずはお知らせから~

第2回関西FX勉強会&モチベ会
2017年1月28日(土)開催予定。

勉強会会場:大阪駅周辺
勉強会時間:14時から17時30分

モチベ会会場:大阪駅周辺
モチベ会時間:18時から

 

院長特別枠として、5名様をこのブログから募集します。

関西近郊にお住まいのトレーダーさんで、

トレード仲間探している方

院長のトレード手法に興味のある方

リアル院長にあってみたい方

ご参加ください。

関西の土地柄、メンバーは和気あいあいとしており、初めて来られる方でも

ウェルカムな勉強になってますんで、一歩踏み出してみませんか?

※勉強会だけの参加も可です。

参加希望の方は

fxsidou@gmail.com

まで、「参加希望」のメール頂ければ、詳細な場所と時間をメールします。

お待ちしています(^^)

 

 

 

~本題~

 

はい、こんにちは院長です。

今日は秩序について詳しく話していこうと思います。

 

秩序一つを解説しようと思ったら沢山の例を紹介していかないといけないので

 

じっくりやっていきましょう。

 

昨日のブログでも解説しましたが、

 

相場には「トレンド」と「レンジ」が存在します。

 

皆さんは、どこまでがトレンドでどこからがレンジか?ってところに

 

悩むと同時に、じゃあそれがわかったところでどこでエントリーしたらいいのか?

 

ってところで躓くことが多いんだろうと思います。

 

 

今日解説するのは

 

~上昇トレンド中の秩序~

という現象だけにフォーカスを当てて話してみようと思います。

 

上昇トレンドの定義は覚えてますか?

 

 

 

高値と安値が切りあがっている状態

 

 

ですね。

 

 

安値の切りあがるポイント=起点(意識されるところ)

 

になります。

 

この安値の切りあがるポイントっていうのは

 

安値が切りあがった結果、手前の高値を更新した時に初めて

 

「安値が切りあがった」ということがわかるわけですよね。

 

高値が切りあがるということは、

 

安値が切りあがってレートが上昇した結果、直近の高値を更新する

 

といことです。

 

 

では、この「安値が切りあがるポイント」っていうのが何を起点になったのか?

 

言い方を変えると「何反発」なのか?ってことがわかる必要があります。

 

 

ここからはいくつか例題を挙げていきますね。

 

【インジケーターでの反発】

 

直近のレートの動きがMA反発で高値を更新したら?

%ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%86%ef%bd%84%ef%bd%86

次のMA反発は高値を更新する「秩序」が発生する可能性が高いですね。

 

 

 

直近のレートの動きが+1σ反発で高値を更新したら?

%ef%bd%86%ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%84

次の+1σ反発は高値を更新する「秩序」が発生する可能性が高いですね。

 

 

 

直近のレートの動きが-1σ反発で高値を更新したら?

%ef%bc%a0%e3%81%8a%ef%bd%92%e3%81%8c%e3%80%8d%e3%81%8a%ef%bd%90%ef%bd%8a%ef%bd%8b%ef%bd%924

次の-1σ反発は高値を更新する「秩序」が発生する可能性が高いですね。

 

 

直近のレートの動きが-2σ反発で高値を更新したら?

%ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%86%ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%84%ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%84

次の-2σ反発は高値を更新する「秩序」が発生する可能性が高いですね。

 

 

 

 

直近のレートの動きが75EMA反発で高値を更新したら?

%ef%bd%88%ef%bd%94%ef%bd%88%ef%bd%94

次の75EMA反発は高値を更新する「秩序」が発生する可能性が高いですね。

 

 

 

 

【レートでの反発】

直近のレートの動きがレジサポ転換で高値を更新したら?

%ef%bd%87%ef%bd%86%ef%bd%87%ef%bd%86%ef%bd%86%ef%bd%87

次のレジサポ転換は高値を更新する「秩序」が発生する可能性が高いですね。

 

 

 

要するに、上昇トレンドの場合、「意識」されたポイント=高値を更新していく起点となるポイント=「秩序」という規則性を見つけることができればよいわけですね。。

 

もちろんこのままロジックとして採用してもらっても構いませんが、

 

これはあくまでも単一時間足の中でのチャートの見方なので、上位足は全く無視していますよ。

 

 

どこがトレンドのスタートでどこがレンジのスタートか?

 

ってことを悩むんではなくて、今どういう秩序で相場がトレンドを形成しているのかを

 

現在のチャートから読み取って、未来でもう一度その秩序が発生しそうなら

 

そこをトレードしていけばいいわけですね。

 

 

 

ちなみに院長の1σ回帰ロジックというのはこの「秩序」を応用してロジックを作っています。

 

今、回帰ロジックを活用している人はどういう秩序を利用してエントリーしているのか

考えてみてもいいですね。

 

まだ回帰ロジックを知らない人は、過去のチャート見るなり、院長のコンサル受けてください笑

 

 

ということで今日は

 

上昇トレンドの中に秩序を見出す授業でした(^^)

 

明日は下降トレンドの授業をやってみましょう。

 

皆さんのコメントお待ちしています。

 

———————————————————————

~お知らせ~

2017年度コンサル生募集

2017年1月より新たにコンサル生を募集します。

募集スタートは1月からですが、

先行でご希望される方は

fxsidou@gmail.com

までご連絡ください。

———————————————————————

 

あわせて読みたい

8件のフィードバック

  1. 松村 より:

    頭の整理になります。ありがとうございます。物事はシンプルに考えることが大切ですね。
    現在、第1クールから再度見直し第2クールの半分まで来ました。来年に向けてもう一度頭の整理をしています。今まで見落としていたポイントも見つかりました。

  2. ゆき より:

    意識されたポイント(200EMA)を起点に秩序という規則性を見い出す。
    このまま矢印のところで上抜けしたのなら、200EMA反発で高値を更新して
    秩序が発生する可能性が高い。
    200EMAがレジスタンスになったなら、そこを起点とし新しい秩序(規則性)レンジか下降トレンドかを見出していくことでしょうか。
    過去チャートで意識される所をよくみて考えてみます。

  3. yanagi より:

    お世話になっております。今日の記事も、わかりやすい内容で、頭が整理されました。
    「ちなみに院長の1σ回帰ロジックというのはこの「秩序」を応用してロジックを作っています。」
    →執行足は、ロジックに則ってトレードすればよいということですね。(他のインジケーターで反発する意識ポイントが重合すればなおよし)
    上位足でも執行足と同じ方向へのトレンドの秩序を見つけて(実際のトレードでは先に上位足での環境認識をすることとなると思いますが)、否定ポイントを避けていけば、優位性があるトレードができると思いました。
    いつもありがとうございます。

  4. 西 より:

    院長さま
    とてもわかりやすい解説ありがとうございます!
    (いま、頭の中でマリオの無敵の音楽が流れ出しました 笑)
    次回も楽しみにしています♪

  5. 院長 より:

    松村さんコメントありがとうございます。
    予報配信動画は見れば見るほど、その人のレベルアップに相当した気づきが得られると皆さんおっしゃってますんで、是非何度も観てください。動画は一度や二度見てもわかった気になってるだけであることが多いのでご注意くださいね。

  6. 院長 より:

    ゆきさんいつもコメントありがとうございます。
    そういうことですね。トレンドが起きる=高値と安値が切りあがる、じゃあ安値の切りあがるポイントに秩序を見つけてやれば次、自分がどういうトレードをすればよいのか想像しやすいですね。相場は追いかけるのではなく待ちかまえるんです。

  7. 院長 より:

    yanagiさんその通りですね。素晴らしい

  8. 院長 より:

    西さんいつもコメントありがとうございます。
    うすうす感じていたことが鮮明になればなるほどチャートはより複雑になりやすいので、いつもシンプルにチャートと向き合ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。