FXを始めるための初期資金は?

 

FXを始めるために初期資金をいくらにしますか?

FXトレードをする、すなわち各国の通貨を取引するためには、

「証拠金」と呼ばれる自己資金をFX会社の口座に

あなたの資金を入金する必要があります。

実際には口座を開設してから、取引ツール(メタトレーダー4)を使って、

あなたが今貯金している銀行(金融機関)から資金をFX口座に入金することになります。

入金自体はとてもシンプルで、今ではほとんどのFX会社で、

年中無休・24時間手数料無料で資金の即時移動が可能になっています。

 

資金の入出金方法はこちらから

AXIORY【資金の入手金方法】

 


1ドル100円のとき、1万通貨のドルを買うためには?

1ドルが100円であれば、1万通貨のドルを買うには

100円x1万=100万円の資金が必要になります。

日本国内のFX会社を利用した取引では、

レバレッジが25倍まで認められているため

4万円の必要証拠金(4万円x25=100万円)で買うことが可能となります。

この少ない資金で、大きな取引が可能であることがFXの大きな魅力の一つとなっています。

 

FX=「外国為替証拠金取引」
証拠金取引のひとつとなります。FXは資金を担保にして為替取引を行います。
その担保する資金を証拠金と呼んでいます。
その中でも必要証拠金というのは、ひとつの取引を行うために最低必要になる
FX会社への預託金を指します。

 

海外のFX会社を利用すると400倍まで認められているため

2500円の必要証拠金(2500円×400=100万円)で買えてしまいます。

 

レバレッジの詳しい解説は

AXIORY【レバレッジ】をご覧ください。

 


 

最低でも10万円の資金を用意するのが理想。

1万円からでも始めることはできます。

でも利益をしっかり積み重ねていくためには

最低でも10万円は資金として用意したいです。

 

 

例えば1米ドル円が100円の時に証拠金を10万円でFXを始めるとします。

※手数料やスプレッドは考慮しないものとします

 

このようにレバレッジ次第でプラスもマイナスも大きくなります。

レバレッジが400倍になれば利益も損失も共に400倍になるってことですね。

 

このようにレバレッジをかけられることで大きく利益を出せるメリットがある反面、

大きく損失を出してしまうデメリットがあります。

こういったレバレッジをかけることができるのは、FXの特徴の1つになります。

これから投資家として、しっかり「お金を稼ぐ・資金を増やす」のであれば、

最低でも1万通貨からの取引が始められる準備をしてください。

 

 

誤解の無いようにしたい事柄

レバレッジ400倍だからと言って必ずしも毎回400倍でトレードする

ということではありません。

400倍というのはあくまでも証拠金を計算するときの目安です。

あなたが10万円の資金でトレードする際に

ロット(ひと取引のトレード量)を自分で調整すれば

安全に運用することができます。

 

次は

デモ口座開設方法

をご覧ください。

 

目次に戻るページに戻る